経験値マップ

47都道府県を全制覇する旅

色々な花を追いかけました。

お久しブリッジ!! 本気でお久しぶりです。
1月から早3か月……私がまた伏魔殿でこきつかわれて疲弊している間に、世間は春になっていました。
というか、去年伏魔殿でこきつかわれて貴重な青春時代の残り部分を闇に葬ってしまったというのに、まだ私はこりていないようす。

ま。それはそれとして。

花見がしたいという誰が言い出したのかよくわかりませんが(というか言いだしっぺは来てないらしいですけど)、友人たちが花見に行くと誘ってくれたので、でかけることにしました。
昨日(というかもはや今日)3時まで仕事して、帰って倒れるように眠って、起きたら集合時間20分前でした。勿論遅刻しました。スミマッセン。

それはともかく。レンタカーを借りて、広島市内から北上、土師ダムへ向かいました。
メンバーは秋穂先輩、周防先輩、周防先輩と高校の頃からの友人のYちゃん、某部活で同じ卓を囲んだロイ先輩の5名。

今日は雨かもしれないとの予報でしたが、とんでもない、澄んだ青空で、薄ピンクの桜とのコントラストがとっても素敵でした。
土師ダムはその昔、アジア大会のカヌー競技の会場として使用されたこともある、スポーツの盛んな場所です。湖のほとりに桜がトンネルになるくらいたくさん植わっていて、今日はとってもきれいでした。

レストハウス的な場所に車を止めて、少し歩くと、サイクリング列車なる乗り物が。。。

「乗りたい!!!」

いい年した女子5人が、サイクリングの列車に乗り込みました。

湖の上にレールが敷いてあって、そこをペダル付き列車(!)に乗ってくるくる回るのですが、これが結構のんびり動いて(ペダルはこがなくても一応動力はついているので)、写真をとるにはもってこいのスピード。
Yちゃんはビデオカメラまで持参して撮り放題でした(笑)

しかしあれですね、サボっていたらすぐにスピードが落ちるのでわかります。
「おらーこげー!!」
結構体勢的にはしんどいのですが、こぎこぎして、一周すると。
係員のおじさんがにこにこしながら、指を1本たててまして。
「はい、もう1周〜」
というわけで、お客さんが少なかったせいか、もう1周することに。
私たち5人以外には家族がひと組だけだったので、前の家族がこぐのをやめると、とたんにスピードが落ちます(笑)私たちはスカートにヒールだったからねぇ(ま、私はパンツ+ヒールなしのアウトドア仕様でしたけど)

まぁでも、がんばってこぎました。
そうしたら。
「はい、もう1周ね〜」
何周すればいいのかコレ! ていうか待ってるお子さんいるんですけど!!!

結局もう1周で終了しましたけど。

その後レストハウスからさらに奥に行きまして。
湖の近くの公園を堪能しました。

公園の奥は湖の近くまで行けたりします。

カモと秋穂先輩。

芝の公園があって、屋台が出て、たこ焼きを食べたり(←さとり的に必須)、ボートに乗ろうとしてスワン的なアレではなかったので、さすがに諦めたり。

今日は本当は予報では雨だったせいか、桜が満開なのに人が少なくて、本当にラッキーでした。
ロイ先輩曰く、2〜3日前までは咲いてもいなかったらしく、今日咲くかドキドキしていたとのこと。
広島市内はもう終わりそうなのに、ちょっと離れるとこの差。
気候って不思議ですねぇ。

帰り道も桜のトンネルを車で抜けて、今度はロイ先輩の案内で、カタクリの花を見に行くことにしました。

向原駅から南へ少し車を走らせた山の斜面に、カタクリの花が自生しているところがありまして、そこでカタクリを観賞することができます。


一見おばあちゃんちの山、みたいな場所ですが。。。


かわいらしい紫の花がびっちり咲いててびっくりします。

この紫の花がカタクリです。
その名の通り、昔はこの花から片栗粉を作っていたそうです。
(採れる量がわずかのため、今はジャガイモのデンプンらしいですけどね)


斜面なので、ちょっとした山登り。ヒール軍団はがんばりました。


下山後、ハウスの隣で、菜の花も観賞。(1枚目の写真の黄色い絨毯みたいなところです)

つくしも顔を出しているし、オオイヌノフグリも咲いているし、スミレやチューリップも咲いてたりして、もう、本当にすっかり春なのだなぁと思いました。

我々はその後さらにヒールで山を登るべく(笑)丸山公園へ向かいました。


山の上に展望台があるのですぐにわかります。

なんとかと煙は高いところがスキ、というわけではありませんが、勿論展望台に登ります。
結構いい運動になります。
ゼハーゼハー


こんなにいい眺め。

展望台の上で、我々は福富へ行くことを思いつきました。
ちょっと遠いですが、ロイ先輩がえっちらおっちら連れて行ってくれました。

こちら!!


上ノ原牧場カドーレさん!!

福富といえばここでしょう。ロイ先輩ががんばってくれました!
福富は町をあげて農業を推進しているところで、おいしいパン屋さんや、おいしいお肉屋さん、ジャムを作っているお店などなど、見所がたくさんあるんですが。
女子ばかりといえば、ここがおススメ。
カドーレのジェラートといえば、知る人は知るすんごくおいしいジェラートで。
まわりは田んぼしかない場所なのに、車がたっくさん止まっていて、遠くからもたくさんの人が来ているのがわかります。

私の実家は隣町なので、一応噂は知っていたのですが、来たのは初めて。
ま、前の道は仕事で通ったことありますけどね。

それはともかく。
ホントに田舎のど真ん中で、ジェラートしか売ってないのに、行列。
お店の外では、ベンチでジェラートを頬張っている家族やカップル多数。
並んでいる間にたくさんのお味の中から、チョイスするのに超絶悩む我々。
「基本は押さえないとねぇ」
って言いながら、ダブルを選択して、ミルクと何か、という風に2種類をチョイス。
私は杏仁豆腐+ミルクで、白+白で、どっちがどっちかよくわからないことに。。。
Yちゃんとチョイスがかぶったよ。。。
抹茶と杏仁で悩んだのに。。。

噂にたがわず、甘すぎずとってもおいしくて(ただ、すぐに溶けてきたけど/汗)、甘味の女王様はもう1つ食べられそうと本気で悩んでいました。

カドーレの外には、牛舎があって、牛が放牧されてます。
牛だけじゃなくって、ウサギとか、ヤギとか、元(笑)ミニブタとか。
いろんな動物がいて、えさをやることもできます。


ロバ?


ヤギ??


放牧されている牛たちが、ドロドロになりながら牛舎に入っていくなぁとおもっていたら、エサの時間でした。


昨日生まれたばかりの仔牛。

見ているうちに荒川弘の漫画を思い出したのは私だけではなかったようで(笑)秋穂先輩も同じことを思っていたと話していたら、周防先輩に、
「来週3巻出るからね!」
と、しっかり営業された我々でした(笑)
銀の匙の3巻、来週出ますよ!(笑)

大人の牛は、顔だけで人間の女子の身体と同じくらいの幅があって、涎とか涙とかだりーんと出てて、そりゃあすごいことになるわと思った我々でした。

最後は花より団子ならぬアイスになっちゃいましたが、とにかく楽しかった!
たまにはプチ遠出もいいね。
携帯を機種変更して初めての撮影だったので、写真に指が入ってるのしかなくってスミマッセン。
遅刻してスミマッセン。


おまけ。今日の俺のデミオと、ミニチューリップ!


この後レンタカーを返却し、植村ちゃんと合流、いつもの居酒屋で飲んだくれました。
Yちゃん持参のビデオカメラで、サイクリング列車を自慢する我々。
また皆でどこかへ行こうね!!